2006年06月16日

再会の悪夢

水戸に行く一週間ほど前に見た夢なんですけど、
少し時期が過ぎてしましましたがお話しましょう





あまりにいやな夢だった
実家の夢

夢でも時と場所を考えてもらいたいものです



私はこれから少し遠くまで遊びに出かけようとしているところです

それなのに実家

夢の内容はこうです

私は実家で目を覚ました
服とかはちゃんと脱いでるし
隣の布団には弟も寝ている
寝ている場所と寝ている配置は
小学校低学年かそれより前に
寝ていた部屋と配置だった
とても懐かしい感じ
そこで気がついたのは
私は出かける前に実家にきて一眠りした
そんなストーリー設定
寝すぎたこの時間では
目的地に着くにしてもほとんど意味がない時間
私は後悔した
どうして寝すぎてしまったのか
どうして眠らずにいれなかったのか
気持ち悪い
寝室を出る
隣の部屋では父がさっきまでゲームをやっていたかのような
テレビの付き方
散らかり方
ゲームが起動してる

あまりにも実家の幼少の頃に体験した現実と夢が近すぎて
気持ち悪い
過去に遡って再び同じ体験をする
もし出来たら
その行為はあまりにも苦しい
あまりにも遠すぎた寂しさや焦燥感にとらわれてしまう
過去に苦しい思い出や思い出したくもないこと
二度と戻ってくるはずのない
現実をいやおうなく思い出させるような夢だったら
今の私は小説の主人公と同じ気分だったはず
私にはそんな思い出したくないことはないから
ないけど、この夢に関してはあまりにも現実味が強すぎて、
リアルのようで
そして戻ってくるはずのない現実だった

夢ではその後母に間に合わないはずの場所に出かけることを伝えたんだけど
それで夢が終わって現実に戻ってきたけど
戻ってきたとは思えない現実味がなかった
足が地に着かないような
まだ夢で現実ではない場所にいるような
過去がリアルで今が夢のような

喪失感が強すぎた





私が気に入ってる小説でも
主人公がとある機械によって
過去に遡って
再び同じ体験をする
その後その主人公は
遡ったときに見た光景、感じた感触のリアルさに
寂しさと焦燥感を感じます

小説の話だし、自分が体験したって‥‥
そんなふうに思ってたけど
精神ダメージでかいよ





ちなみに関係はないけど
夢占いで失敗する夢は成功することを暗示しているそうです
posted by 迷い猫 at 21:25| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。