2006年08月05日

アルキメデスの面積の話

たけしのコマネチ大学数学科
最近は録画してます。
でも、すぐ見ているわけじゃないから、
こっちに書き込む時間が遅れるんだよ;;




うに
今回はすこーし根源を理解するまでに時間かかちゃった。
ただ、解答に移るまでには何とか完了したし
一応 おっけーかな

とある図形のとおりの塀があって、
その塀に光を当てて影が出来るとき、、
その影の長さが2mになったところでの
影の面積を求めなさい。

ちなみにその図形ってのには、
半円があったり、
影がかぶるようなでこぼこがあったりと、
ちょーっと微妙なトリックが落ちてたかな ってくらいだったのです。






ちなみに今回の問題に関しては、
テレビ見てない人には問題の説明がしにくいってか、
図形が出てくるんで説明がめんどいので、

見てる人にしかわからないね。

がんばって 想像してください(マテ




しばらく影が出来たところで出てくる半円をどうやって面積求めようかなと思ってましたけどね。

線じゃん
棒じゃん
2mの線をどんどん敷き詰めていけば
それでも半円は出来る
だから、右から左までの距離に影の長さ2mをかければそれでOKじゃん



ぜーんぶ平行移動するって意味は、
平行移動している移動した分の際ってのは、
横の距離×移動した距離だんだよね。

つーかこれは図形とか使わなきゃ説明が難しいわけなのです。
理論としては、小学生でも理解できるんだけど、
んー どう説明すればいいか 思いついたら 書き出しておこうか;;;
posted by 迷い猫 at 11:42| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ書き掲示板(伝言板) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21953802
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。