2011年08月31日

カレログよりももっと安全に監視したい人におすすめしたい

いきなり話題になったカレログ



すっごく大きい話になっていますけど、
実際にAndroidのアプリをちょこちょこ作っている私からすれば、
まだこの程度のレベルという感じです。



まず機能的な物から言わせてもらえば

GPSを記録するのは結構簡単。
電池残量も初心者でも出来る。
通話記録どころか、誰と何分間電話をしていたという情報も十分取る事が出来る。
アプリ一覧だってAndroidの本を読めば当たり前のように書いてる。

さらにいくつか
彼氏がアプリ一覧を見れば見た記憶の無いアプリがあるので疑われてもしょうがないけど、
このアプリ一覧にアプリを表示しない事も出来る
メールを取り出すのは難しいが、
その携帯でどんなアプリを使ってメール管理しているかによっては、
取り出す事も出来る。
携帯の画面ロックを付けたりかけたりする事も難しくない

ここまで書いた技法は
ちゃんと解説しているAndroid本を読めば十分出来るようになる程度の難易度なんです。



これにプラスで、
彼氏の携帯を監視した結果を送信して回収するのは少しだけ大変ですけど、
この程度のアプリはその気になれば、
実験する携帯とパソコンさえ用意すれば作れるようになるくらいの難易度のアプリです。



つまり、
カレログまで使って危険な橋渡ってでも監視したいなら、
自分で作った方が、
もっと鬼畜でガチガチで本気で監視出来るアプリが作れるぞ

という事なんです。




ちなみにまだ作った事は無いですけど、
Androidでもカメラは音が鳴る仕様になっています。
ただカメラを撮るための機能のソースコードだって手に入るので、
音が鳴らないカメラを作ったり、
そのカメラを光りさえ出さずに誰にも気づかれないように写真を撮る。
そんなどうみても盗撮のための道具も、
大変らしいけど作れるらしい。

やっぱ、
ちょっと一線越えちゃうようなアプリが欲しいなら、
自作するべきだと思います
posted by 迷い猫 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(Books) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。