2006年09月08日

等分

たけしのコマネチ大学数学科
の話今回も出してみるのさ

ちなみに〜
今回のは 5分ほど何とか出来上がったのです。

ん〜・・ 問題が出されて・・・・ 
とりあえず きっかけのひとつをつかむまでが数十秒
その後、問題を答えきるまでに 5分くらいかな?
たぶん、7分くらいで完成しちゃったのにゃ♪

で〜;;

問題解けた〜♪
と思ったら 今回の本題なんてものが出て来るんだか、
ちょいと驚きだったのさ
ねぇ〜
ちょいと、びびったぞw

まぁ、基本は完成さ
応用出てきたけど、
問題なく答えまでたどり着いたのさ♪



suu1.gif
点Pを通るこの5つの円を二等分することが出来る線を引きなさい。
なお、この点Pはこの円の中心点である。





問題2
suu2.gif
点Pを通るこの図形を二等分することが出来る線を引きなさい。





じゃあ、
考えて 答え分かったら
回答にでも移ればいいのさ




基礎としては理論です。
分割することが出来る理論さえ知ってればいい、

んー
この問題の場合どこを通れば解答になるかじゃなくて、
どんな考え方をすれば解答になるか
だね
求める答えは



一問目は・・・
まず、左端の円に関しては
どこを通っても
左下の円だけは二分割になっちゃうのです。
次は
残りの4つやね

さぁ、
これってもし四角形だったら?
四角形じゃなくても、左下の円は中心を通っているから
完全に二分割できるだけ
中心を通っているから

この4つの円も
この4つの円をひとつの塊として見たら、
この塊の中心を通れば、二分割できるってわけなの

そこから求めると
点Pから右4つの円から見ての中心の点を結ぶ直線
これが解答になるわけなのです



もうひとつ考え方がありまして、
右上の円の右側に円を一個追加してみようか?

ほら、そのような形にすると・・・
形としては
完全に二つに分割できる図形だと思いませんか?
ほらほら、
そう考えると簡単なわけなのです。










じゃあ、ピラミッドはどのように考えるのか?

ねぇねぇ、
よーく図形見てみようよ。
確実に通るはずの四角形なんだけどね、
一番上にある四角形と一番右にある四角形は確実に通るから
じゃあ、ないものとしようよ
そういう風にすると・・・・

なんか似てない?
ほらあれ
さっきの問題の考え方にそっくりだと思いません?
左下に四角形がひとつ
その隣に6つの四角形
だから、
これも同じような考え方で四角形を追加してみる
そのようにすると
等分すべき地点が見えてくるというわけなのです。







ん〜
なんやかんやで
この画像作るためにCADソフトを使いましたけど、
そういえばCADソフトを使うのなんて、
一年近く使ってなかったわけだから、
かなり使い方忘れてましたわ

もう、
線を短くするとか、
等間隔で線を引くとか
かなり忘れちゃってましたわ

こういう図形って
イラスト系のソフトでは使えないもんだからねぇ〜
posted by 迷い猫 at 02:22| 青森 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | メモ書き掲示板(伝言板) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
教え方ヘタやなぁ
しかも間違ってるし…
Posted by ter at 2014年05月09日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。