2012年07月28日

ブックファーストはダメな本屋

※この日記はブックファースト新宿店について書かれています。
 それ以外のブックファーストに付いては経験値が足りない為、該当しない可能性が考えられる事をご了承ください。



新宿のブックファーストだとポイントカードがあって、
1%〜3%のポイントが付くんで、
仕事帰りにちょくちょく立ち寄るんですけど、

なぜか気に入った物が見つからず、
結局紀伊国屋とか池袋のジュンク堂まで足を伸ばして本を買う事が多いです。

前々から、
ポイントが付くからお得なんだけど、
なぜかブックファーストは満足度が低いと感じていました。

そして最近ブックファーストで本を探しても面白く無い理由がいくつか見つかったので、
メモがてら書いてみようかと思います。




1.迷いやすく分かり難い
新宿店の地下1階の特徴なんですが、
そのまま入口から入ると、左右と前に道が広がってる。
ただし左右には基本行けないというか、無駄になる為、前に進むが、
それは前じゃなくて微妙に斜めである事と、
そのまま進むと島が中心にあり、通行の為にさらに左右どちらかに移動しなければいけない。

情景的に分かり難いんで、ポイントだけ言うと、
斜めの棚やディスプレイがあったり、
メインストリートとなる道が少なく、狭い通路が多い
歩きにくい。

カクカクした設計にしろとは言わないけど、
曲がる回数が多く見通しがすごく悪いんで、
本屋としてはすごく歩きにくいです。
特に単行本コーナーから戻ってくるときなんかは、
どこで曲がれば出口まで一直線なのか分からなくなる事が多い。

単純に棚の配置が悪くて、どこに何があるかというのが探しにくいんですよ。
大型書店ともなると、配置が悪く迷いやすいという設計は致命的にストレスが溜まる。



2.関連書籍の置き方が悪い。
今日は漫画とかのコーナーに行ってきたんですが、
「映像化作品コーナー」
の中で話題作を探した所
“最新刊はあるのにそれ以外の巻は置いてない”
“最新刊を除くすべての巻がそろっている”
“映像化にはあるが出版社別の棚には置いていない”
“そこそこ古く、現時点ではあまり注目されて無さそうな作品が並んでいる”
“結構な話題作でも映像化コーナーには並んでいない”

もうね、酷いとしか言えない。

映像化作品だろうと、普通の人は1巻目から読みたいんだから、1巻から全部並べて置くべきだと言う事。
そして最新刊だけ置いていないというのは、
その本を探しに来たユーザーをないがしろにしていると言う事。
映像化作品は大量に出来るんだから少し古い作品は追い出してしまっても問題無いはずだと言う事。

すっごく探しにくい。
本の並び1つだけど、これだけ探しにくいとは思わなかった。

最新刊しか置いてなかったのは「人類は衰退しました」
 それ以外の1〜6巻はどの棚にあるのか、話題作なのに置いてある棚を見つける事が出来ませんでした。
 ※今期映像化、2chやニコ動でもかなりの話題作となっている。最新刊は2週間前発売

最新刊が置いていなかったのは「そらのおとしもの」
 映像化されて結構時間たったし、1〜14巻まで置くなら最新刊もこっちに置こうよ。
 結局最新刊コーナーまで歩いてやっと見つけたし。
 ※2009,2010にアニメ化、2011映画化、3期アニメ化はアナウンスされているだけで情報は無し、最新刊は前日発売

映像化にはあるが出版社別の棚には置いていないのは「境界線上のホライゾン」
 電撃の看板作品なのに電撃文庫のコーナーには一切置いていない。
 一応映像化コーナーに移動しましたというテープは貼ってたけど、すっごく目立たない
 ※2011,2012アニメ化、電撃文庫の看板タイトル

細かい部分は見ていないけど、それでもこれだけ不満点爆発でした。



3.本配置が目立たない
なんとなく思っていた事なんですが、
単行本というのは基本的に小さい本ばかりなので、
探す場合は背表紙でしか探せない事が多いです。
ただブックファーストの単行本は“主にラノベ系ですが”一番上から一番下までぎっしり本が詰まっています。
PHP文庫とかそういう本に関しては中腰の棚があって、そこに横並びに新刊などが並んでいるので、
そこそこ探す事が出来るのですが、
ラノベ系に関しては、上から下までぎっしり詰まっている為、
表示で目立つラノベなのに、目立たないんです。
ラノベって結構表紙買いが多いジャンルなのですけど、
ブックファーストのように表紙が出てない事が多いと、
ときめく事はないので、
自分が今まで買った作品や探している作品といった
“タイトルを知っている作品”以外は手に取る事も見る事も極端に少なくなります、

ブックファーストに本を探しに行って、
その後でポイントが付かない別の本屋によって本を買う事が多い。
たぶんこの部分の影響が大きいんです。
ブックファーストでは表示が出てないから気がつかなかった、
もしくは迷路に紛れたりしてときめかなかった、
そういう本を別の本屋で見つけて購入してしまう。

ちなみにジュンク堂に寄らずに紀伊国屋とかに行くこともあるけど、
そっちの場合の不満点ってやっぱ少ないんだよね。



結論
・本棚配置は根本的に悪い。
・広い道を造るべき。
・ラノベをもっと表紙買いさせろ。
・出版社別の本棚には扱っているすべての本を置くべき。

ブックファースト新宿店の責任者は自信の店舗から、人間の深層心理や行動原理についての本を10冊ほど購入して、読むべきだと思う。
posted by 迷い猫 at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書続き(図書館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283414195
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。