2013年06月09日

2013年5月 書籍分

GJ部 3巻
なれる!SE 9巻
インタフェースデザインの心理学

なれる!SEを1から全部読み直してたせいで、本は買ってないっぽいです。
というかアリアンロッドを買い忘れてる。

インターフェースデザインの心理学は、
心理学という面から、
使いやすい、使いたくなる、欲しくなる、はまる等の
様々なデザインやゲームシステムを作る際の心理的なポイントが解説されています。
1キーワードにつき、2〜4ページなので読みやすいというのも特徴。
ただし、どのキーワードも使えるとは限らないし、
具体的にどういう面で使えるか書いている訳ではないので、
読んで、理解して、
「もしかしたら、今の仕事に使えるんじゃないか?」
という物が出てくるのを探す本。
中身自体はかなり幅広くコンパクトにまとめられているので、
読んでおけば結構どこかで使いそうな知識が落ちています。
そういうTipsとしていい本だと思います。
posted by 迷い猫 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書続き(図書館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/365807971
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。