2007年06月10日

鯨は捕まえる?捕まえない?

くじら.jpg




捕鯨問題に関してのニュースなどを聞いたことはないですか?


日本では縄文時代の地層から鯨の骨が見つかるということもあり、
かなり長い歴史があると言われています。


昔は諸外国も鯨を捕まえていたのですが、

1982年に国債捕鯨委員会というところが
捕鯨の禁止令を出しました。




ですが、

大きなデパートなどに行くと
鯨の肉が売ってますよね?



今現在でも捕鯨は続けられているのです。

ただ、何匹捕鯨できるか
どのような種類の鯨なら良いのか
というのが厳しく決められています。











ちなみに捕鯨禁止を訴えている国はアメリカなどを筆頭にヨーロッパ諸国やオーストラリアだそうです。
捕鯨禁止の理由は、、
・鯨の知能レベルが高いので捕鯨は禁止すべきだ
という主張が主なところ





昔は鯨は絶滅の可能性を危惧されていたことがありましたが、
今はかなり個体数が増えたため、
通常の鯨で絶滅の可能性はまずありえないのです。





ところで、知能レベルが高いなら禁止すべきだというのは、どう思いますか?


実際どれだけの知能レベルなのかはよく分かりません。
たとえある程度高い知能があるとしても、
その生物が増えすぎてしまったら、生態系のバランスが崩れて、
さまざまなところにしわ寄せが来てしまいます。


豚などを殺すときと鯨を殺すときとでは、大きく違い
鯨はある程度残虐な殺し方をしなければいけない
という主張もあるのですが、、、

それを言ってしまったら、
鶏は殺したら羽を全部むしりとってしまわなければいけない
スペインの闘牛ショーは残酷なことだから、闘牛士は全員廃業させなければいけない
というところへ繋がってきます。

そして殺すと言っても、
鯨を殺すときは、別にショーのようにやるわけではありませんし、
業者が倉庫の中でこっそりと
出来るだけ簡単に手早く殺すことになるでしょうから、、

結局は殺し方だなんて、どれも大して差はないと思うのです。

とりあえず、この類の返答があったら、
「スペインの〜」って言ってみたいねw





そして、
先ほどの話なんですが、、
アメリカが強く反対しているのです。

ここでアメリカと日本の関係を上げてみたいのですが、
日本はアメリカから食料品などを多く輸入していて
アメリカは日本から工業品などを多く輸入しています
日本とアメリカの貿易は日本が高い黒字を出しています。



さて、
日本が捕鯨をするようになったら、どのようなことが起きるのか?

日本の食料自給率は40パーセント
それに鯨という新しいものが追加されることにより、
自給率は向上します。

向上するということは・・・
日本が外国から食品を輸入する量が減るということになるわけです。




大体言いたいことは分かりますよね?

鯨を捕まえることにより、
アメリカやヨーロッパなどの国は日本へ食料を送る量が減ってしまうから、
国益の減退、貿易赤字の増加などが見込まれるというわけです。







ぶっちゃけて言っちゃえば、

捕鯨を強く反対してる国って、
貿易のことを考えて言ってるんだよねぇ〜

愛護団体とかあるけど、
それは一つの科学資料で粉砕されるわけ。

「2050年になったころには、世界中の魚はいなくなる」

鯨を完全に放置していた場合、
そのような可能性があるということなのです。



大きな禁止はともかく、
ある程度間引いていくように捕まえていかなければ、
世界の海産資源がピンチになる可能性だってあるのさ。







長くなった。。

興味がある人は個人的に調べてみるのがいいのです。

私は人からの伝聞みたいなものに、
自分の知識とネットの知識を組み合わせたものですから、
posted by 迷い猫 at 02:34| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 物思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44366505
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。