2007年09月19日

深層心理と大きさ

たとえば
手元に紙を用意して、百円玉を描いてください

近くに知り合いがいたら
その人達にも描かせてみるといいです








じゃあ、描き終わったら
実際の百円玉と大きさを比べて見ましょう





描いた百円玉が実物より大きければ
「あなたにとって百円は大きなお金」
小さければ
「あなたにとって百円は小さなお金」

と、深層心理で思っていることになります





ちなみにこれを小学生から大人までの幅広い年代の人に描かせると
年を負うごとに小さな百円玉を書くのですよ



後、金遣いの荒い人なんかやお金持ちの人なんかは
極端に小さいお金を描いたりするのさ










心理的に大切なものや存在の大きなものは
感覚的に大きな割合を頭の中に占めてるのさ



ちなみに日本列島を描かせれば
北海道が大きいという意識の強い人は
巨大な北海道を描いたり

四国が目立たない、存在が薄いと思っている人は
四国を小さく描いたりします





相手の金銭感覚と自分の金銭感覚を比べてみたい人がいたら

百円玉 描かせてみるといいのです









ちなみに今日の夢では
田舎のローカル列車が登場したのですが、
ものすごく小さかったのです。

この電車に乗る!

という予定だったんだけど、
電車が小さすぎて入れない!
みたいな夢だったのさ
posted by 迷い猫 at 13:33| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 物思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。