2007年11月30日

やっと読み終わった

お・り・が・み 天の門 (角川スニーカー文庫)お・り・が・み 天の門 (角川スニーカー文庫)
林 トモアキ

角川書店 2004-06-29
売り上げランキング : 50834
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools






お・り・が・みというライトノベルです。



見た目はなんかドクロちゃんとか、涼宮ハルヒみたいなパターンの本っぽい感じですけど、

結構、中身はまじめですよ。

いや、まじめじゃあないけど、結構きれいに出来てます。



20億円の借金を背負い、聖女&魔王候補となり日本中に知れ渡ることになり、
借金を肩に伊織魔殺商会のメイドとして働かされ、悪の手先として、
神の使いの神殿協会と戦う!!!



おおざっぱに説明したけど、意味不明ですよねぇ(・・ )・・・・・



時代背景は現代、
舞台は日本、
ジャンルは魔法系パラレル、
でもって、現代兵器に魔法使いに勇者に魔物に魔王と、
魔法ファンタジーを現代を舞台に繰り広げるような
背景設定





そして、キャラクターがぶっ飛んでいて、
やることなすことがすべてぶっ飛んでいるところが、
とことんはまりますw



ギャグがいろいろと混ざっていて、
舞台背景が現代的で、
濃いキャラが好き

そんな人は暇つぶしとして読んでみてはどうでしょうか?



意外と、楽しめますよw








ちなみにこの本を買うときは、
2巻目も一緒に買うことをおすすめします。

これは前作とつながることにより、
面白さが倍増してくるところが、なかなかすばらしいのです。





私は今週やっと最終巻を読み終えました。
世界は下手に広がりすぎず、
キャラクターも変に増えすぎず、
1巻目のぶっ飛んだ雰囲気も保ちながら、
科学とか、ものすごくまじめな話も入ってきて、
かなりのめりこめることが出来たわけなのです
posted by 迷い猫 at 00:40| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

ぎすぎす・・・

なんか 精神的にダメージ食らってます

この時期なのか
最近の環境なのか

体が痛むような
精神的な痛みが出てきてます



時間なんて止まれ
何も起こらないでほしい
posted by 迷い猫 at 01:53| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

途切れる道

結局目に見えるものだけが一番正しいんだと思う。
どれだけ確実に感じることが出来ても、
それは“ある”ものだと言い切れなければ
それは“ない”ものにしかならない。

あまりにも不確定で
どれほどまで生活になじんできても
それは不確定なだけで
結局は幻になる

見たいものだけを見るから
惑わされると
存在しない見たいものばかりを見つめることになる
だから、
存在しないことに気がつくと
あらゆるものが消えたように感じるのだろう





あなたは不確定なものを見てませんか?
たぶん、誰でもそんなものがあると思います。
100%の現実に見えるものでも、
そうとは限らない。
今、少しそんなことを考えました。
なぜかという詳しい理由は言えませんが、
たぶん、私が見てたものは
現実と考え続けてはいけないものだから、
忘れることにします。

だって、
戻って来ないようなものをいつまでも探し続けてるような真似はしたくないから、
それは
過去の思い出
小学校の頃転校して
またいなくなった人のように

こう考えると、
今までつながりがある人って少ないですよね。
そして、これからつながっているって人もとても少ないと思います。
人は一生に3000人の人の名前と顔を覚えるとか言いますけど、
その中で
数年・・・十数年もの長いつき合いをする人というのは
あまりにも少ない。
今までの私の短い経験でそんな人どれくらいいるのだろう?

家族
親戚
幼馴染
腐れ縁

何かしらの理由で会う人なんて
たぶんこんなもの
あまりにも少なすぎる
確かにいい人はいるけど、
どれだけ近い人かって言われたら
「普通にいい友達」
でも、そんな人って
やっぱり不確定で
ある一定の区域には入ってこない
確定的な友達にはならない

ちょっと寂しいな・・・
posted by 迷い猫 at 00:56| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

海の大陸NOA 復活

復活するらしいよ〜
読みきりだけど〜
ボンボンの12月号に掲載されるんだって〜♪


これ、めっちゃくちゃうれしいです!!

知ってる漫画の中では特にお気に入りで、
復刻版が読みたいと思っていたところですから、

海の大陸NOAについて語った時のブログ



もう、7年も経ってるんですね
もしかしたら、このまま連載が続くようなことが決定したら〜
買い続けるかも♪
出来ればそうなって欲しい…
いくらでも連載続けてください!!
私、その間ずっと買い続けるから!!!



気になるんですけど、
目の病気とかなんとかで、しばらくずっと出現してなかったじゅきあきらさんについて
説明するよね!?
してくれなきゃ困るよ;

なぜ、いきなり連絡なしにマンガがなくなって
そのまま音沙汰なしだったのか
すっごく気になります。
ネット上では目が見えなくなったとか、いろんな推測とかもされてたし
そのあたりの説明がものすごく欲しいところなのです。
posted by 迷い猫 at 18:42| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

冷気の世界と声

私は孤独というものと共存すべきものなのだろうか?

そのようなことを考えてしまう

何が原因なのか

それはよく分からない

自分のことを分かっている方だと思うが、その事に関しては・・・

自分に原因はあるはずなのだろうけど


話しかけた言葉が届かない

これは私の意識で自分自信

なぜ、どこにもこの電話はつながらない

私は表現しようとしているのに、どこにもつながらない、

まるで、私だけ異空間にいるように


寂しいです

でも、傷が疼きます

昔の私の戒め

しかし、あまりにも戒めとしては大きすぎると自分で思っている傷

巨大なナイフで何度も痛みで痛みが分からなくなるような傷

時々起こすフラッシュバック

時々襲いかかる過去の傷痕


そのせいで人が恐いです

いつか裏切るんだ

どれだけ大事にしても、大事にされても、きっと裏切っていく

そして、耐え切れないほどの傷を負うんだから


擬似世界というものは、自分ではない自分を出せる

その逆で本当の自分を出すことも出来る

そんな世界に取り込まれている

でも、そこでも現実と同じことが起こるなんて


私の声は届かない

ちゃんと私は私の言葉を伝えようとしたはず

でも、私の言葉は全く反映されなかった

そのせいで少し怒ってしまった


ふぅ〜

なんなんだろ

どうすればいいんだろ
posted by 迷い猫 at 02:49| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

傷を癒されたいと願う心は好き
同じ傷を与えようとする心は苦手
無視してくる心は耐えられない

私に心を打ち明けてくれるなら
私も心を打ち明けられる

打ち明けてくれない人は
自分の心に触れられたくない
自分から見せることは怖いから

posted by 迷い猫 at 23:03| 青森 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

迷路

道は狭まり深く入り組んでゆく
めちゃくちゃに入り交じり
複雑になってゆくが
光も落ちていることがあるこの迷路
だが、先が見えない以上
闇ばかりの暗い世界なのかもしれない

自分が住む場所
自分の心が隠れる場所
誰も一番奥までたどり着けない

posted by 迷い猫 at 08:19| 青森 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月04日

空と海

あなたは空になって
あたしは海になるから

ほら空のあなたはもっと広く見てなきゃいけないんだよ
あたしよりも大きいんだから

毎日来る夜になっても
星を見せて輝かせて
あたしがその輝きを映してあげるから

暗い雨雲に閉じられても
雨を降らせて
その涙あたしが全部受け止めてあげるから

あなたはあたしを見守っていて
あたしはあなたのすべてを受け止めてあげるから
posted by 迷い猫 at 13:15| 青森 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。